永六輔さんの落命と「仰げば尊し」の事象

永六輔さんの訃報に接したシーン、私の胸に最初に去来したのは「これで『おやじ御三家』の三輩が合計逝ってしまったなぁ」という感慨だった。しかしよく考えれば、野坂昭如さん、小沢昭一さんとトリオを組んでテレビジョン登場したり武道館でパフォーマンスをしたりといったことは、永さんの生前の集中の中ではごく一部を占めるに過ぎない品だったに変更ない。正にぼくは、それ以前にも「上を向いて歩こう」に社長達するような中村八大さんとのコラボによる数々のヒット曲で永さんの作品には親しんでいたし、小学校だったところの私の土産の中では、当時の人前の雲行きと永さんの応対とは分かち難く結び付いていたのである。したがって、高校生を卒業して浪人センターだったぼくには、「おやじ御三家」のお出ましは永さんとの再会という詳細が強かった。そういうぼくが永さんの講演会に出席したのは、1990年齢の下部にアメリカの駐在員をしていたときだった。シカゴに進出やる日系仕事場で構成されているシカゴ和風商工話し合い所は、世代に一括払い和風からスターを招待して講演会を行なっていた。6年間の逗留日にちのマンションいつのケースだったか私の土産が定かではないが、永さんが講師としてその講演会に招かれた世代があったのだ。無論、永さんのことだから対談の物語も面白かったが、訊く者を惹き込んでいくような巧みな話法にぼくは丸ごと感心してしまったことを覚えている。そして、ぼくにとって一際強く空気に居残るのは、演説の締め括りとして「一同で起立して『仰げば尊し』を歌いましょう」と永さんに促されるままに、顧客が一同で「仰げば尊し」を歌ったことである。和風から遠く離れた第三国の企業で伴奏無しに斉唱されたその歌は、何故か私たちの心に染み渡るように響いたのである。ぼくはそのとき内面が浄化されたように感じた。海宝の力 購入